介護職員初任者研修のルーツは介護保険制度の創設?

介護職員初任者研修のルーツは介護保険制度の創設?

介護職員初任者研修は平成25年4月から始まった研修で、今までの訪問介護員養成研修2級課程(ホームヘルパー2級)が移行したものです。この移行に伴い、ホームヘルパー2級の資格制度は廃止されています。

 

介護職員初任者研修が作られた背景には、介護保険制度の存在が影響しています。これまで、ホームヘルパーや介護職員基礎研修、介護福祉士といった様々な資格や養成研修があり、これらは介護保険制度により定められていたものです。介護を行うためには重要なものである一方で、養成体系が複雑であることや、それぞれの資格や研修内容が十分に結びついていないなどの問題点、介護を取り巻く社会の変化などがあったため、「今後の介護人材養成の在り方に関する検討会」が開かれ、介護人材の養成について見直されたという経緯があります。

 

この検討会では、介護の世界で生涯働き続けることができるという展望を持てるようにする必要があると提言されています。その対策として、今後のキャリアパスの簡素化が挙げられています。そのキャリアパスの最初の段階の研修として、在宅介護と施設介護のどちらにも通じるような、介護に関する基本的な知識や技術の修得を目的とした介護職員初任者研修が創設されています。