介護職員初任者研修制度で専門性への認識は高まる?

介護職員初任者研修制度で専門性への認識は高まる?

2013年4月より、介護福祉に関係のある資格制度が大幅に変更されることとなりました。これまであったホームヘルパー2級という資格がなくなり、それに代わるものとして、介護職員初任者研修という新たな資格が誕生しています。

 

この介護職員初任者研修制度が始まったおかげで、これまで複雑すぎて不明瞭だった、介護職におけるキャリアアップの道筋を、一本化することに成功しています。たとえば、ホームヘルパー2級という資格では、在宅介護における技術や知識の習得が主となっており、介護福祉施設などで行う介護技術などを身につけるためには、介護職員基礎研修や介護福祉士といった、別の研修を新たに受ける必要がありました。

 

しかしながら、この介護職員初任者研修では、最初から在宅や介護施設といった区別をすることなく、両方において専門的な知識や技術を習得していくことができるため、介護従事者における最終目標ともいえる、介護福祉士や認定介護福祉士といった、専門性の高い資格を習得する登竜門ともなっているといえます。さらに介護職員初任者研修においては、筆記試験に合格をする必要があるため、専門性への認識を高めていくこともできると思われます。